トリマー

この人の下で働いたらカットが上手くなれると思えたことが就職の決め手になりました。

2023年度入社

Q1.入社したきっかけについて教えてください。

飼っている犬がもともと鶴ヶ谷病院に通っていたことが入社のきっかけです。

専門学校で開催された就職説明会で話を聞き好印象だったことと、飼っている犬がもともと鶴ヶ谷病院に通っていたことが入社のきっかけです。
就職説明会では色々な会社の話を聞いて、最後にウイル動物病院グループの話を聞いたのですが、そこで「すごくいいな」と思いました。
また実家で飼っている犬も、鶴ヶ谷病院の先生に懐いていたことで信頼があったことや、学校に来ていたカットモデル犬たちのかかりつけ病院がウィルだったこともあり、実習エントリーしました。
専門学校の2年生の時に仙台動物医療センターのトリミングサロンanimi(
アニミィ)へ1週間実習に入り、その後他店のトリミングサロンなどの実習も入ったのですが、やはりウィルが良いなと思い就職エントリーをしました。

Q2.ウィルに入社しようと思った決め手はどのようなところでしたか?

この人の下で働いたらカットが上手くなれると思えたことが就職の決め手になりました。

通常のサロンに就職するか?
サロンとメディカルトリミングを行っているウィルに就職するか?
とても悩みましたが、メディカルトリミングでは、老犬や病気の子のトリミングを行うので、基礎をしっかりと習得できると思いました。
また実習で見た先輩トリマーのカット技術がすごくレベルが高く「こんなにカットがうまい人がいるんだ」と感動し、この人の下で働いたらカットが上手くなれると思えたことが就職の決め手になりました。

Q3.実習と実際に働いてみて、ギャップはありましたか?

入社してからもとても優しく指導をしてくださり、実習だけ優しいなどのギャップはないんだ!と思いました。

特になかったです。
実習中、先輩たちがとても優しかったのですが、入社してからもとても優しく指導をしてくださり、実習だけ優しいなどのギャップはないんだ!と思いました。
実習では足裏バリカン・爪切り・耳掃除・耳毛抜き・ブローや、スタッフが飼っているワンちゃんを実際にカットさせてもらうこともできました。
トリマーとしての業務を実習中にさせてもらうことができたので、実際に働くイメージをつかめて入社後もギャップはありませんでした。

Q4.これまでの仕事で嬉しかったことや、印象に残っていることを教えてください。

褒めるところはしっかりと褒めてくれて、指導もしっかりとしてくれるので、すごく働きやすいです。

褒めるところはすごく褒めてくれるため、そのことがすごく嬉しいです。
自分で「できているかな?」と不安な時も、「しっかりできているよ!」と褒めてもらえたり、出来ていないときはしっかりと指導もしてくれます。
褒めるところはしっかりと褒めてくれて、指導もしっかりとしてくれるので、すごく働きやすいです。

Message

分からないことがあったら「聞く」ことが大事だと思います。
学生時代、分からない部分は先生へよく質問をしていたのですが、その時のアドバイスが今の業務にもしっかりと活かせています。
分からないことは自分で悩むよりも、先輩・先生に「これってどうやったらいいですか?」と聞いて、そのアドバイスを試して理解することが一番大事だと思います。
また、基本のグルーミング/シャンプーはしっかりと学生時代にちゃんと基礎を身につけることをおすすめします。
1年目は特にグルーミング/シャンプーを任せてもらえることが多いので、ヤスリがけやシャンプーの基礎が身についていれば活かせる場面が多いので、学生のうちから意識して取り組んだ方がいいなと思います。